勤怠管理の必要性は企業にとって大きな問題だ。

勤怠管理は社員の出欠を始め、途中退社や遅刻など、すべての勤務時間を管理するタイムレコーダーがその基本となる。勤怠管理がちゃんと出来ていないような会社は、それだけで社員の待遇が悪いことがすぐ分かる。社印の管理されるだけで無く、企業側がどのようなシフトを組んでいるかとか勤務時間の問題などが一度で把握できるからだ。


最近では指紋認証や、ICカードなどの利用で、勤怠管理は大きく様変わりしている。これは合理化を図る上で欠かせない措置だと言える。タイムレコーダーを管理するだけで、経理に携わる人間は相当な時間を取ってしまう。会社の規模が大きくなればなるほどだ。たとえ小さな会社でも、何時間働いたかを計算するだけでもかなりの労力がかかってしまう。以前ビデオ屋をやっていたときに、アルバイトのタイムカードを計算したことがあったが、6人ほどのバイトの計算をするだけで大変だったことを覚えている。これが何百人となったら大変どころか、僕なんかだと絶対に嫌になってしまうはずだ。タイムカードの管理だけでこれほど大変なのだから、年次休暇などの問題まで含めると、10人ほどをまとめるだけでとてつもない労力が必要となって来る。


その点ICカードや指紋認証などは、機械を残業手当や同一企業内であれば出張の時間管理など、ほぼすべてを自動でやってくれるのだから、そのことに今までかかっていた人員が大幅に削除することが可能だ。また、多くの支社を持つ会社の倍は、本社で一元管理が可能になるので、社員すべての勤務状況を把握することも可能になる。最近では、ICカードや指紋認証のシステムを使った管理会社も多く登場し、各会社に最適なシステムを提供してくれるようになっている。また最近では、クラウド型の勤怠管理システムも多く出現し、インターネット環境が整っていれば、簡単に導入することも出来るようになっている。また、外回りの多い営業マンがスマートフォンや携帯電話で外から入力するなどの方法も行われていて、ますます便利な世の中にと変わりつつある。タイムレコーダーをなくすことで、回収をする必要が無くなる上に、集計ミスなども無くなり、企業にとっても労働者にとっても安心出来るシステムができあがっている。毎月使っていたタイムカードが無くなることで、広い意味で考えればエコでもあるし、自然閑居にも優しいシステムだと言えるのだ。正確な勤怠管理の必要性は誰が考えても間違いの無いことだ。

飲食店向けオーダーシステムは月額16000円から、カラオケ用POSレジは月額8000円より用意しております。 30年のパソコンPOS開発経験によって生み出されたレジ周辺機器、様々な業種に対応できる豊富な品揃えが魅力。 WindowsCEベースでCPUなどに左右されないアプリケーション開発も容易です。 バーコードリーダー¥4,515~ キャンペーン中! ハンディーターミナルのことならPOSショッピングストアに